スポンサーサイト

  • 2014.09.14 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


北朝鮮、19日朝に短距離ミサイルを日本海に向け発射//福島議員…参政権付与を約束!!


FNNニュース:2011/12/19 .18:57:
北朝鮮、金正日総書記の死後の19日朝に短距離ミサイルを日本海に向け発射
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00213869.html


韓国のテレビ放送「在日朝鮮人の福島瑞穂氏が参政権付与を約束」
※韓国のテレビ放送です!
http://nico.ms/1324221227


■12/19 【やまと新聞発】蓮舫 哀れ !!【民主党JR新橋駅街宣】
http://nico.ms/sm16466989



【拉致問題】【奪還!】生きているのになぜ助けられない!6.5 国民大行進!


プロフィール〜日本を守りたいブログ⇒リンク!

眞悟の時事通信「菅直人の本質」

元警視庁通訳捜査官 坂東忠信公式ブログ

チャンネル桜ニコ動【ch132】
◆チャンネル桜UST
http://www.ch-sakura.jp/1428.html

youtube【SakuraSoTV】

【奪還!】生きているのになぜ助けられない!6.5国民大行進
≪拡散≫【拉致問題】 生きているのになぜ助けられない!すべての拉致被害者を救うぞ!国民大行進
2011/06/05(日) 配信
[タイムシフト対応]
http://live.nicovideo.jp/gate/lv52315587

「大命降下、平沼赳夫内閣総理大臣」西村眞悟ホームページ・眞悟の時事通信

生きているのになぜ助けられない!すべての拉致被害者を救出するぞ国民大行進:花うさぎの「世界は腹黒い」イザ!

…9月までに北が誠意ある対応しない場合、政府は全面制裁に踏み切れ!

新潟日報社 netpark ::: 拉致救出訴え、東京都心でデモ行進


【奪還!】生きているのになぜ助けられない!6.5国民大行進[桜H23/5/31]YouTubeニコ動

【奪還!】生きているのになぜ助けられない!6.5国民大行進

期日:
平成23年6月5日(日)

内容:
14時00分〜14時30分 訴え(主催・共催団体代表等)
14時30分〜16時00分 大行進

芝公園23号地 → 芝公園3丁目左折(愛宕通り) → 西新橋1丁目右折(外堀通り) → 「新橋」駅前左折(外堀通り) → 数寄屋橋 → 「東京」駅八重洲口前 → 常盤橋公園(流れ解散)

※ プラカード、幟旗等 持ち込み可(ただし拉致問題に関するもの)。
※ 特定の組織を示す服装や街宣車はご遠慮ください。

主催:
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(拉致議連)

共催:
特定失踪者問題調査会



【拉致】生きているのになぜ助けられない!国民大行進への決意[桜H23/5/30]YouTubeニコ動

[抜粋]…拉致被害者家族の忍耐も限界に達しようとしている。最優先で取り組むべき「拉致問題」を棚上げし、不要不急の左翼的政策のみを推進している民主党政権に対し、家族と国民の断固たる決意を示すべく、6月5日に予定されている『生きているのになぜ助けられない!すべての拉致被害者を救うぞ!国民大行進』へかける思いを、「家族会」の増元照明氏と、「救う会」の西岡力氏をお招きしてお聞きしていきます。



【お知らせ】6.5 拉致被害者救出!国民大行進[桜H23/5/26]YouTubeニコ動


≪拡散≫
H23/06/03 参院予算委・西田昌司(自民)【スーパー無双・とにかく見て!】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14636673


菅首相への告発状受理 東京地検特捜部 外国人献金問題 - MSN産経ニュース


資料:辛光洙・シンガンス釈放嘆願署名

「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」

署名した現職国会議員
※氏名と政党のみ抜粋

菅直人 民主党、他



◆チャンネル桜公式HPはココをクリック⇒http://www.ch-sakura.jp/
≪最新情報チェック≫
┗⇒NEWチャンネル桜イベント
┗⇒NEWhttp://ch.nicovideo.jp/channel/ch132
┗⇒NEW桜youtube公式サイト
◆チャンネル桜UST
http://www.ch-sakura.jp/1428.html


頑張れ日本!全国行動委員会サイトはこちらのリンクから↓
http://www.ganbare-nippon.net/


【5.11 国民大集会】菅民主党内閣打倒は日本復興の第一歩!
1/2【5.11 国民大集会】菅民主党内閣打倒は日本復興の第一歩![桜H23/5/28]ニコ動

2/2【5.11 国民大集会】菅民主党内閣打倒は日本復興の第一歩![桜H23/5/28]YouTubeニコ動


5/11国民大集会「菅民主内閣打倒は日本復興の第一歩」安倍晋三・平沼赳夫
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14451112

5.11国民大集会「菅民主党内閣打倒」宇都隆史・稲田・三橋・西村眞悟
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14451437

5.11国民大集会「菅民主内閣打倒」土屋たかゆき・西田昌司
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14451302

5.11国民大集会「菅民主党内閣打倒」三宅・井尻・三輪・古谷・藤井・すぎやま
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14451837


【政治】13:00 決算委員会(参)【国会午後の部】
06/06 13:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv52412283

自民:山谷えり子、
自民:丸川珠代


続きを読む >>

政権末期「自衛隊と人民解放軍を友好させる暴走防衛大臣」危機感ゼロ!中国海軍艦船が沖縄の公海上を突っ切り訓練中のヘリが警戒監視の海自護衛艦に異接近!防衛大臣は即刻辞職せよ!国防を任せておけない!民主党政権は総辞職せよ!


プロフィール〜日本を守りたいブログ⇒リンク!

国民よりも偉いと勘違いしている民主党政権!

【無能ほど偉そうにする】

ほとんどの閣僚は、【日本国民に謝罪する方法】を知らない。「どこぞの国には何度も謝罪」はするが、日本国民への謝罪は、苦手らしい!

【無策無国籍無責任政権】

菅内閣、現民主党政権は【責任】という意味が把握できていない!!
≪【責任】の[トリカタ]≫を知らない!


また、官房長官のひとことは、【精神的苦痛】をまったく考えず発した言葉だ!
公人であり弁護士という肩書きを持つなら、相手の苦痛も考えて言葉を十分選択し、間違っていた時は、それなりの責任を、問われなければならない!

≪精神的ダメージ≫がどれほどあるのか!!!!
日本国家と日本国民の想定される、逸失利益は計り知れない!

尖閣の中国人船長の犯罪隠蔽もしかり!謝罪だけでは済まない問題だ!!

少しでも自衛隊の活動を知っているならあのような言葉は絶対に出ないはずだ!


仙谷聞け!命がけ逮捕劇…巡視船船長「中国は100隻で挑発」 2010.11.19 政治・社会 - ZAKZAK

関連詳細記事[MSN産経ニュース]

【ファシズム】全共闘内閣のシビリアン・コントロール[桜H22/11/19]
[抜粋]…自衛隊の存在は違憲であるとの認識に立つ仙谷官房長官の「暴力装置」発言や、憲法が禁じる検閲の疑いも濃厚な防衛省通達。極めて非民主的で売国的な、仙菅内閣の本性について糾弾…!!

【政権末期症状】まともな大臣は居ないのか?[桜H22/11/18]

西田昌司「呆れた大臣達のリスト」西田昌司ビデオレター

法相「国民軽視発言」考 博士の独り言

緊急拡散《仙谷官房長官の問責を実現するピンポイント要請先!》水間条項ー国益最前線

《国会議員を仕分けせよ!》水間条項ー国益最前線

【外交・安全保障】強硬中国と間抜けな日本[桜H22/11/18]

【外患誘致】仙谷の暴言・アサヒの妄言、反自衛隊思想[桜H22/11/19]


自衛隊と人民解放軍を友好させる暴走防衛大臣!危機感ゼロの防衛大臣!
自衛隊はじまって以来
史上初の自衛隊と中国人民解放軍の友好(※多分強制だろう)

あり得ないことがあり得る民主党政権!

首相、官房長官、法務大臣、防衛大臣、国家公安委員長、行政刷新、…ズタボロ内閣
【政権末期】

「尖閣事件の大きな一因(きっかけ)になった防衛大臣の国防意識」

中国の核ミサイルが日本に照準を合わせているのをご存知ではなかったのか?!


「中国海軍艦船が沖縄の公海上を白昼堂々と突っ切ったり、訓練中のヘリが警戒監視の海自護衛艦に異常接近するなど、緊張を抱えた中での実施。

(夕刊フジ)記事
≪2010年6月26日≫

友好どころかピリピリ…自衛隊と中国人民解放軍が初交流 -2010.06.26 政治・社会 - ZAKZAKより転載!

友好どころかピリピリ…自衛隊と中国人民解放軍が初交流

 昨年の日中防衛首脳会談での合意に基づき、中国人民解放軍と自衛隊による部隊レベルの交流が今月、兵庫県伊丹市で行われていたことが分かった。日中の歴史上、初の画期的な出来事だが、中国海軍の軍備増強など東シナ海での緊張を抱える時期だけに、お互いにピリピリムードが漂い、友好からはほど遠い雰囲気だった。

 日中防衛首脳会談は昨年、北京と東京で行われ、中国の軍区と陸自方面隊レベルが相互理解、信頼関係の構築を目的に交流していくことで合意した。これを受け、中国全土に7軍区を持つ人民解放軍のうち、山東省済南市に司令部を置く済南軍区の司令員、范長龍上将ら高官8人が来日。創隊50周年を迎えた伊丹市の陸上自衛隊中部方面総監部を今月15日に公式訪問した。

 一行は応接室で角南俊彦総監(陸将)と懇談した後、部隊概要や武器・装備品の説明を受けた。その際、范上将は七四式戦車や自走りゅう弾砲について「射程は?」などと質問したが、自衛官は「お答えできません」と回答を拒否。すると、范上将は随行武官に中国語で「この砲の自走速度が16キロとは遅すぎるね」とやり返し、自衛官の顔が引きつる場面もあった。

 角南総監は「部隊間交流により、相互理解と信頼関係の増進がはかれることは意義深い」と話したが、中国側からのコメントはなかった。

 今回の交流について、軍事専門家は「中国海軍艦船が沖縄の公海上を白昼堂々と突っ切ったり、訓練中のヘリが警戒監視の海自護衛艦に異常接近するなど、緊張を抱えた中での実施。対中接近姿勢の強い民主党政権下だけに、日中間の政治経済上の思惑を感じる」と話している。

以上、転載!


8月17日の記事【中国】
【風を読む】論説委員長・中静敬一郎 中国核の日本照準は脅威 2010.8.17 07:43 MSN産経ニュース

貴様は誰だと思って!!
誰だか〜〜?!
民主・松崎議員が自衛官を「恫喝」か 「俺を誰だと思っている」 MSN産経ニュース


【国民や自衛隊より韓国民団の意見を優先する防衛大臣】

高市早苗(たかいちさなえ)公式サイトより
外国人参政権阻止シリーズ Я枋螻阿世辰針姫丗膺壇弁と各閣僚のスタンス - 早苗コラム | 衆議院議員 高市早苗(たかいちさなえ)
2010年04月03日

外国人参政権阻止シリーズ Я枋螻阿世辰針姫丗膺壇弁と各閣僚のスタンス

[抜粋]

高市早苗委員  
 地方参政権といえども、日本の安全保障に影響が出るというようなことは皆無だとお考えなのか?

北澤俊美防衛大臣  
 私は、そういう意味(安全保障)での危険性はないというふうに思っております。

北澤俊美防衛大臣  
 私は今回の衆議院選挙で民団の皆さん方とも随分と接触を、県連の会長という立場でいたしておりまして、先ほどお話しになったようなことからは(安全保障上の懸念)、随分と考え方が、民団の皆さん方の考え方は違ってきているように思います。

[以上、転記]⇒【詳細】

国家観の無い!偏った認識の輩を国防大臣に任命した首相の責任も問われる!
出自を明らかにせよ!


政府「外国人参政権」答弁書を考える 博士の独り言


※下記記事からは、あまり世の中に知られていない自衛隊の活動、ニュースと[youtube]動画です。
仙谷官房長官は、現場の自衛隊の活動を、少しでも知っていたら、あのような言葉は出ない!

尽力したのは民主党ではなく自衛隊 宮崎口蹄疫|産経新聞を応援する会
[抜粋]…【宮崎口蹄疫】自衛隊帰隊やまと新聞より引用)

7月16日宮崎県川南町で自衛隊の退陣式が行われた。

昼夜を問わず口蹄疫被害の蔓延防止のため、消毒や埋却を行った自衛隊に畜産農家から「大変感謝しています。ありがとう」との声があがった。

[以上、抜粋、転記]


国民が知らない反日の実態【口蹄疫問題まとめ】


【ニュース Pick Up】口蹄疫、未だ伏せられている自衛隊活動報道[桜H22/5/17]
[抜粋]…宮崎県で発生した口蹄疫について、今週に入り地上波TVでも取り上げられるようになってきたが、未だに伏せられているのが災害派遣で現地入りしている陸上自衛隊の活動である。関連ニュースの論評とともに、現地宮崎で過酷な作業に従事する、陸上自衛隊の活躍について


【ニュース Pick Up】口蹄疫 ハイチ 沖ノ鳥島、自衛隊の活動[桜H22/5/25]
[抜粋]…メディアが伝えない自衛隊の消息について

【井上和彦】宮崎・口蹄疫被害における自衛隊の活動[桜H22/7/26]


貴様らの≪バラマキ≫子ども手当て等明らかにせず、中国の援助、支援金は膨らむ一方、国内の防衛費は削減、減給!
衆議院⇒議案【閣法】第176回国会 20 防衛省の職員の給与等に関する法律等の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/g17605020.htm

衆議院 http://www.shugiin.go.jp/


法相問責決議案を22日に提出 自民、審議拒否も - 47NEWS


仙谷氏が自衛隊を”暴力装置”と発言 〜仙谷氏の辞任だけでなく内閣総辞職に相当する〜|アジアの真実


【坂東忠信】日本が中国の「自治区」になる[桜H22/11/19]
[抜粋]…警視庁刑事として中国語の通訳捜査官をなさっていた坂東忠信氏をお迎えし、『正論』12月号の記事「『独立』という名の沖縄占領計画を暴く」をご紹介しながら、尖閣事案の先に中国が見据えている「沖縄独立」と侵略への道筋や、特例措置等によって外資や観光客を野放図に受け入れることになりかねない「総合特区制度」の危険性、新潟などで懸念されている中国総領事館の規模拡大に想定される文化摩擦の深刻さ…在日中国人コミュニティのフリーペーパーなどに掲載されている、不法滞在や国際結婚、堕胎、永住、不当な日本国籍取得…


続きを読む >>

拡散《週刊ポストの尖閣記事「動かぬ証拠」第1弾を一気に全世界に拡散しましょう!》転載!水間条項―国益最前線より転載!


プロフィール〜日本を守りたいブログ⇒リンク!

NEW拡散《尖閣地図改竄:中国の国家犯罪を全世界に告発しましょう!》
《中国の尖閣歴史改竄・週刊ポスト「動かぬ証拠」第1弾・全世界用画像》水間条項―国益最前線
◆「週刊ポスト」「動かぬ証拠」の地図と記事全文をスキャンしたのでこれを武器に世界規模への拡散を!.”◆WE LOVE JAPAN !◆

週刊ポストの尖閣記事「動かぬ証拠」第1弾を一気に全世界に拡散
水間条項―国益最前線より転載!http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

拡散《週刊ポストの尖閣記事「動かぬ証拠」第1弾を一気に全世界に拡散しましょう!》

● 国会議員やマスメディアに頼る必要のない尖閣問題の武器を、週刊ポスト「動かぬ証拠」に掲載していただきました。

その第1弾は、発売期間が終了しましたので、外国人の友人・知人がいらっしゃる皆様が、「動かぬ証拠」第1弾の尖閣記事をメールで広げて頂ければ、全世界にメールからメールで広がって行くと思っております。

特に、経済・為替レート問題で中国とギクシャクしている米国やノーベル平和賞問題で、中国から脅されたノルウェーなどには、中国の国際的詐欺国家体質を厳しく検証していただけることでしょう。

日本では、マスメディアが機能しなくなっていますので、尖閣問題の確度の高い記事を、インターネットとメールで世界に発信しましょう。
在日の海外通信社やマスメディアにも発信することも有効になります。

いずれにしても、国内の友人・知人たちも尖閣の歴史資料は、見てみたいとの願望がありますので、メールからメールで一気に広がって行くと思っています。

そして、日本に在住している外国の友人・知人にメールで送って頂ければ、一気に海外にも拡散されることになると思っております。
尖閣の歴史的経緯は、「百聞は一見に如かず」ですので、歴史的一次史料が守ってくれます。
頑張れ日本!!

■この記事は、営利目的以外インターネットだけ転載フリーとします。
転載条件は【水間条項から転載】との表記だけで結構です。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★民主党政権下で、せめて覚醒している国民がしっかり一致団結して意思表示をしなくては、日本を守ることはできないでしょう。
それらに対抗する「旗」に、
『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を利用していただけることを願う次第です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

以上、水間条項―国益最前線より転載!
水間条項―国益最前線トップページはこちら⇒http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

《中国の台頭は、世界の災厄だが反中国際情報戦にはプラスとして利用できます!!》


たちあがれ日本
尖閣諸島と、尖閣諸島の漁業関係者の生活を守るため、国会請願署名にご協力をお願いします。 
http://www.tachiagare.jp/emergency/

署名は中山成彬公式サイトからでもできます。
中山成彬公式サイト http://www.nakayamanariaki.com/

西村眞悟公式サイト
眞悟の時事通信


尖閣諸島侵略の正体【国民が知らない反日の実態】
中国&民主党糾弾デモ、海外メディアが報道するも国内マスコミほぼ沈黙[報道監視まとめWIKI]

10.16 中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動!
NEW【草莽崛起】10.16 中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動[桜H22/10/11]


取り調べの可視化とか、よく言ってるが!
民主党は【ビデオの公開】【闇法案の可視化】【亡国法案の完全公開】を、国民にするのが先だ!


中国「不審外国人追放」考【博士の独り言】

【中国】「不審な外国人を突き出せ!」通報を奨励 中国広東省、報奨金2500円、旅券不所持も罰金2010.10.10 19:13[MSN産経ニュース]
日本人ターゲット!


続きを読む >>

超緊急拡散《中国の尖閣領有の歴史捏造にトドメを刺す。週刊ポスト「動かぬ証拠」(グラビア)第2弾!》転載!水間条項―国益最前線より転載!


プロフィール〜日本を守りたいブログ⇒リンク!

中国の尖閣領有の歴史捏造にトドメ!週刊ポスト「動かぬ証拠」第2弾!
水間条項―国益最前線より転載!
超緊急拡散《中国の尖閣領有の歴史捏造にトドメを刺す。週刊ポスト「動かぬ証拠」(グラビア)第2弾!》

● 連休のため週刊ポストは、今日土曜日に発売されました。今回掲載した地図は、2008年6月に尖閣海域で海上保安庁の巡視船と衝突して沈没した、台湾の遊魚船の事故が起きたとき、馬英九・台湾総統が「開戦を辞さず!」と大口を叩いたので、急遽探し出したものです。

この地図も日本に一冊しか無い貴重なものです。
国際情報誌『SAPIO』には、2008年8月に発表しましたが、それ以降、馬総統は尖閣領有問題に関して口を閉ざしています。

この1965年の台湾の地図は、蒋介石総統時代に「台湾国防院」から発行されており、軍事作戦の基礎資料であり、現中国政府が台湾に帰属するから中国のものとの詭弁も通用しなくなる決定的証拠です。

今回は、「動かぬ証拠」第1弾の1960年に北京で発行した地図も掲載されております。
中国人に買い占められないように、永久保存版として購入してください。
尚、発売中はインターネットにアップすることはお控えください。

■この記事は、営利目的以外インターネットだけ転載フリーとします。転載条件は【水間条項から転載】との表記だけで結構です。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★民主党政権下で、せめて覚醒している国民がしっかり一致団結して意思表示をしなくては、日本を守ることはできないでしょう。
それらに対抗する「旗」に、
『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を利用していただけることを願う次第です。

以上、水間条項―国益最前線より転載!


NEW《中国の台頭は、世界の災厄だが反中国際情報戦にはプラスとして利用できます!!》水間条項―国益最前線


たちあがれ日本
尖閣諸島と、尖閣諸島の漁業関係者の生活を守るため、国会請願署名にご協力をお願いします。 
http://www.tachiagare.jp/emergency/

中山成彬公式サイト http://www.nakayamanariaki.com/


尖閣諸島侵略の正体【国民が知らない反日の実態】
中国&民主党糾弾デモ、海外メディアが報道するも国内マスコミほぼ沈黙[報道監視まとめWIKI]


【闇法案の可視化を望む】

続きを読む >>

拡散《尖閣を守る要請と請願書!》転載!【水間条項―国益最前線より転載】


プロフィール〜日本を守りたいブログ⇒リンク!

中国の尖閣領有の歴史捏造にトドメ!週刊ポスト「動かぬ証拠」第2弾!
【水間条項―国益最前線より転載!】

拡散《尖閣を守る要請と請願書!》

● 中国がノーベル平和賞に難癖をつけたことで、人権問題で国際的反中包囲網が決定的になりました。これは、尖閣問題にけりをつける千載一遇のチャンスです。

言論弾圧をする中国の歴史認識は、捏造だらけとの宣伝をできる環境が整いました。

自衛隊は、皆様方が北澤防衛大臣へ
「米軍との連携の強化」との要請が奏功し、要望通りの見解を表明してくれました。

その連携をより強固に運用できるようにするためには、日米安全保障条約が軍事的防衛比率から経済的利益の比重を高めることが必要なのです。

そこで、尖閣を守るための急がれる要請は、尖閣海域の海底油田・天然ガス
(約1000兆円)を日米共同で開発することを実現することなのです。
それが実現できれば、中国は尖閣に手出しできなくなります。すぐに結果は出ませんが、実現させるためには、時間をかけても長期的に要請する価値は大いにあります。

尖閣海域の海底油田採掘権の許認可権は、経済産業省がもっていますので、大畠経済産業大臣に要請することが大事です。

◆経済産業省:
http://www.meti.go.jp/


お問い合わせ、ご意見:
http://www.meti.go.jp/comment_form/index.html

◆大畠経済産業大臣:
http://www.oohata.com/(工事中)メール:g01007@shugiin.go.jp
03-3508-7231
03-3502-5953 (FAX)

● 【たちあがれ日本】の平沼代表ほか所属国会議員が、尖閣を守る「請願書」を衆議院議長と参議院議長に提出するための紹介議員になって戴けることになりました。
取りまとめは、「たちあがれ日本」の事務局でやって頂けることなりました。
詳細は、下記「たちあがれ日本」か「中山成彬先生」のホームページを御覧下さい。
◆「たちあがれ日本」:
http://www.tachiagare.jp/emergency/

◆「中山成彬先生」:
http://www.nakayamanariaki.com/

以上、http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/【水間条項から転載】


尖閣諸島侵略の正体【国民が知らない反日の実態】
中国&民主党糾弾デモ、海外メディアが報道するも国内マスコミほぼ沈黙[報道監視まとめWIKI]


続きを読む >>

超緊急拡散《尖閣領有にトドメを刺す中国発行の尖閣の地図が、10月4日発売『週刊ポスト』のモノクログラビアに掲載されます!》転載!水間条項―国益最前線より転載!※訂正(誤×カラー⇒正〇モノクロ)


プロフィール〜日本を守りたいブログ⇒リンク!

尖閣領有にトドメを刺す10月4日発売「週刊ポスト」に掲載!動かぬ証拠
超緊急拡散《尖閣領有にトドメを刺す中国発行の尖閣の地図が、10月4日発売『週刊ポスト』のモノクログラビアに掲載されます!》水間条項―国益最前線水間条項―国益最前線より転載!

※訂正(誤×カラー⇒正〇モノクロ)

■予告していました中国の情報戦に打ち勝つ仕組みを明らかにします。

今回、中国で発行した地図の在りかを告知する決断をしたのは、反日民主党政権が、中国漁船の追突ビデオを公開しない状況では、焚書される危険性があったからです。

そして、ギリギリまで明らかにしなかったのは、在住中国人と観光中国人80万人以上との総力戦になることを承知していたからです。

中国人は、日本国内にあった中国で発行した1970年以前の地図を、数億円以上と思われる資金を投入し、40年間をかけて買い漁り、焚書を完了しております。それらの行動も裏を返せば、中国がそれらの地図帳を決定的証拠として認識していたことの、なによりの証明になります。

そこで、数億円以上を使って焚書していた労力を徒労にしてあげる国際的情報戦を、小生が仕掛けてあげたのです。

この戦略は、発行部数5万冊前後のオピニオン誌に掲載しても世論になり得ないので、発行部数50万部の『週刊ポスト』誌のモノクログラビアに掲載して頂けることになったのです。

前原外務大臣が「中国で発行した1960年発行の地図帳に尖閣と日本名で表記されている」と、発言している地図は、小生が2004年に中国の地図探索過程で偶然に発掘したもので、日本国内に一冊が奇跡的に残っていたものなのです。

その地図を、中国側の焚書活動を諦めさせるために、日本国民が永久保存版として『週刊ポスト』のモノクログラビアを切り取り、額縁に入れて飾って頂ければと思っております。

そこで緊急のお願いですが、中国人の買い占めを阻止するたも、一人でも多くの友人・知人に情報を拡散し、日本人が先回りして買い占めていただきたく思っております。

また、2004年11月10日号『SAPIO』誌に寄稿した同地図が掲載されているリポート
「中国の恥地図改竄史にみる『尖閣領有の大嘘』」も、インターネットで読めるように「ニュースポスト」に掲載されます。

同リポートは、中国の地図改竄史を明らかにしてありますので、国際的に拡散されると、泥棒国家中共の体質が全世界に一目瞭然に晒しものになります。

覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の総力で、10月4日(月曜日)発売の『週刊ポスト』を買い占め、週刊誌ではほとんどあり得ない、増刷するまでなれば、日本国内での情報戦には勝利しますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

以下、2004年の同リポートを発表できた経緯を解説します。

● 歴史を改竄して、日本固有の領土を強奪する決断をした中国は、なりふり構わずロシアと連携して強行手段に出てきました。

小生は、2004年3月に中国人が尖閣諸島に上陸したことに危機感をいだき、中国の恥を世界中に知らしめる為に、中国が自ら発行した地図帳で尖閣を日本固有の領土と証明するために、半年かけて徹底的に中国版地図帳を探し回ったのでした。

その探索結果は、2004年11月10日号『SAPIO』誌に発表した
「中国の恥地図改竄史にみる『尖閣領有の大嘘』」です。

そのリポートの目玉は、1960年に北京で発行した地図帳でした。

当時、1970年以前に中国で発行した地図は、自衛隊にも国立国会図書館や全国の大学・自治体の図書館などだけでなく、神田古書店街を虱潰しに探しても一冊もないのが実態でした。

その地図探索過程で驚いたのは、神田古書店街に中国人が徘徊し、かなり前から中国発行の地図を買い漁っていたとのことでした。

中国は、歴史を改竄する長期戦略を日本国内にいる中国人を使って実行していたのです。

また不思議なことは、国立国会図書館が1970年以前の中国で発行した地図帳を、収集の対象にしていないとのことだった。それが、どのような経緯で収集の対象から外したのか、今後、徹底的に国会で問題にする必要があります。

1960年に中国で発行した地図の発見は、探索過程でたまたま掛けた一本の電話で明らかになったのです。

それは、決定的な資料となる1970年以前に中国で発行された地図が、日本国内にいる中国人によって焚書されていた状況で、小生の怒りは当然のように外務省に向かいました。

それは、1972年の日中共同声明以降、「日中友好」一色の報道の中で、中国は着々と尖閣を強奪する準備をしていたからです。

そこで、それら一連のことを外務省中国課に抗議の電話をしました。

その時、小生は「これだけ尖閣領有問題が起きているのに外務省は、なにをして来たのか。中国の日本大使館の職員は天皇誕生日のパーティーや宴会にうつつを抜かしているだけじゃないのか。中国で発行した1970年以前の地図帳を収集することとか、やれることがいろいろあるだろう。中国課に中国の地図帳は無いのですか。」との申し入れに対して、中国課の担当者は、「確か古いのが一冊あったと思います」とのこと。

小生「それじゃ電話口にもってきてください。」

担当者「もってきました1960年の地図帳です。」

小生「沖縄尖閣が出ているところを見てください。」

担当者は「あれぇ〜!」と、すっとんきょな大きな声を電話口で発したのです。

小生「どーしました!」

担当者「尖閣諸島が日本名で表記してあります。」と、驚いていました。

そこで小生は、「外務省の批判をリポートで差し控えるから、その部分の地図と表紙・奥付のコピーをいただけますか。」と申し入れ、それで資料を発表できたのでした。

これは、国民が参加できる情報戦です。40年間の中国の長期戦略を一気呵成に叩き潰すことのできる千載一遇のチャンスです。

皆様の徹底的な周知活動が情報戦の帰趨を決しますので、重ね重ね宜しくお願い申し上げます。

★インターネットだけ転載フリー。転載条件は、全文掲載と【水間条項からの転載】との表記をお願いいたします。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

以上、水間条項―国益最前線より転載!



尖閣諸島における漁船衝突事故の中国人船長釈放について【西村眞悟】【たちあがれ日本・平沼代表】【安倍晋三元首相】【石原都知事】【自民党・谷垣総裁】【自民党・石原伸晃幹事長】【日本創新党・山田党首】【自民党・高市早苗】


プロフィール〜日本を守りたいブログ⇒リンク!

NEW「10.2 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動」に参加します【日本創新党】


【頑張れ日本】9.21「民主党政権・糾弾!」国民集会
1/6【頑張れ日本】9.21「民主党政権・糾弾!」国民集会[桜H22/9/25]
君が代〜海ゆかば斉唱
※登壇順
安倍晋三(元内閣総理大臣)、山田宏(日本創新党代表)

2/6【頑張れ日本】9.21「民主党政権・糾弾!」国民集会[桜H22/9/25]
小池百合子(自民党総務会長・元防衛大臣)、山谷えり子(参議院議員)、西村眞悟(前衆議院議員)

3/6【頑張れ日本】9.21「民主党政権・糾弾!」国民集会[桜H22/9/25]
西川京子(前衆議院議員)、赤池誠章(前衆議院議員)

4/6【頑張れ日本】9.21「民主党政権・糾弾!」国民集会[桜H22/9/25]
田久保忠衛(杏林大学名誉教授)、土屋たかゆき(都議会議員)、西田昌司(参議院議員)、井尻千男(拓殖大学名誉教授)

5/6【頑張れ日本】9.21「民主党政権・糾弾!」国民集会[桜H22/9/25]
すぎやまこういち(作曲家)、小林正(教育評論家・元参議院議員)、藤岡信勝(新しい歴史教科書をつくる会会長)、増元照明(家族会事務局長)

6/6【頑張れ日本】9.21「民主党政権・糾弾!」国民集会[桜H22/9/25]
三宅博(八尾市議会議員)、三橋貴明(作家・経済評論家)、西村幸祐(ジャーナリスト)、山村明義(ジャーナリスト)、松浦芳子(杉並区議会議員)、草莽全国地方議員の皆さん、三輪和雄(「日本世論の会」会長・「正論の会」代表)

司会:水島総・高清水有子


尖閣諸島における漁船衝突事故の中国人船長釈放について!!
尖閣諸島における漁船衝突事故の中国人船長釈放について!!

西村眞悟公式サイト
眞悟の時事通信
こらー!検察! そして 菅の売国内閣め!

たちあがれ日本・平沼代表】
「尖閣諸島における漁船衝突事故の中国人船長釈放について」たちあがれ日本[youtube]動画ニコニコ版
【たちあがれ日本】報道発表資料ページ
携帯【たちあがれ日本】モバイル版

【石原都知事】
【中国人船長釈放】「政府は非常に間違った判断」中国の姿勢に「暴力団の縄張りと同じ」と石原都知事2010.9.24[MSN産経ニュース]

【安倍晋三元首相】
【中国人船長釈放】「極めて愚かな判断だ。中国の圧力に政治が屈した」 安倍晋三元首相 2010.9.25[MSN産経ニュース]

自民党】谷垣総裁、石原幹事長
「隠れた指揮権発動あった」=自民党の谷垣氏[時事ドットコム]
【新報道2001抄録】自民・石原氏「仙谷氏の発言は間違い」2010.9.26[MSN産経ニュース]
J-station

【高市早苗】(たかいちさなえ)公式サイト
早苗コラム
┗⇒中国人船長釈放の愚挙。民主党政権に問いたいこと

日本創新党】山田党首
※ご記入訂正↑訂正済↑
[誤×中田は誤り⇒正しいのは山田○党首です。]
中国人船長釈放に関する党首コメント「日本創新党」山田党首[youtube]動画


中国籍から日本に忠誠を誓い帰化された石平氏寄稿
【中国人船長釈放】石平氏寄稿 9・24は「国家屈辱記念日」 対等な交渉望めぬ 2010.9.25[MSN産経ニュース]

元警視庁通訳捜査官【坂東忠信】太陽に吠えたい
負けを選んでいる日本みなさん

【博士の独り言】
逆説「日本自治区への道」【博士の独り言】

[抜粋]…どこぞの政府が「靜観」を続け、何ら対策すら講じなければ、政治の「死」に等しい。まして、「何も」しなければ、命中した矢毒がそのまま体内に回るかのような、「どっちへ転んでも」有利とするかの、中国共産党特有の毒策を以って侵攻して来ているこの現実に気づかねばなるまい。
以上、抜粋、転載⇒全文

下野すべき、史上最低の政権【博士の独り言】
弱腰外交以下の「傀儡外交」
…衝突事件の記録映像が証拠、としながらも、メディアを通じて報じなかったのは何故か。

━━━━━━━━━━
主権も外交も放棄した菅直人政権【久保田るり子の外交ウオッチ】
【久保田るり子の外交ウオッチ】尖閣で主権も外交も放棄した菅直人政権に回ってくる大きなツケ 2010.9.25[MSN産経ニュース]

[抜粋]…これほどの腰砕けとは。

国民を唖(あ)然(ぜん)とさせた中国漁船衝突事件の船長の処分保留決定から一夜が明けた。

外交・安保分野にかかわるこの妥協が日本の国際的な信頼性を失墜させるのは疑いなく、何よりも尖閣諸島が早晩、韓国に実効支配されている竹島化するのではーとの懸念さえ出ている。
以上、転載⇒全文
━━━━━━━━━━
森本敏・拓殖大大学院教授
【中国人船長釈放】「違法漁船、捕らえられなくなる」森本敏・拓殖大大学院教授2010.9.25[MSN産経ニュース]

[抜粋]…影響としてはまず、尖閣諸島周辺海域に今後、中国漁船が次々に入ってくるだろう。処分保留の前例をつくってしまったことで、海上保安庁の巡視船は中国漁船を捕らえられない。そういう事実が積み重なっていく恐れが強い。

日本の対応を見守っていた東南アジア諸国連合(ASEAN)各国は失望するに違いない。
中国と南シナ海で領有権を争っているASEAN各国は、7月のASEAN地域フォーラム(ARF)で南シナ海問題に関し中国批判をした日本の態度を評価していただけに、失望は大きい。日本は弱腰外交を露呈してしまった。

米国も失望しただろう。日米外相会談でヒラリー・クリントン国務長官が尖閣問題について「日米安全保障条約の適用の範囲」と明確にコミットする見解を出したのに、日本は中国の圧力に屈して早々と降りてしまった。なぜだ、そういう国なのか…ということになる。
以上、抜粋、転載⇒全文

━━━━━━━━━━
仙石の暴走を止めろ!!
【敗北 尖閣事件】(上)歪んだ「政治主導」仙谷氏前面に 2010.9.25[MSN産経ニュース]

【中国人船長釈放】これこそ「腰抜け外交」だ 政治部長・乾正人 2010.9.25[MSN産経ニュース]

[抜粋]…これが民主党の誇る「政治主導」の帰結である。那覇地検は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で勾(こう)留(りゅう)した船長の釈放を決定したが、仙谷由人官房長官は「地検独自の判断だ」と繰り返した。
これを真に受けるのはよほどのお人よしだろう。

中国の要求を丸呑(の)みした今回の釈放劇は、尖閣諸島の危機のみならず、日本と日本人に多大の災厄をもたらすことになるが、民主党政権に国家を担う統治力がないことも明白になった。

以上、抜粋、転載⇒全文


無国籍政党の服従外交は国を滅ぼす!

次は沖縄、果ては日本列島、日本全国まで!


【政論】あの大訪中団って、いったい…無意味だった小沢氏の媚中外交 2010.9.23

[抜粋]…民主党の小沢一郎元幹事長が史上空前規模の国会議員142人を含む600人超の一行を率いた昨年12月の大訪中団は一体何だったのだろうか。

閣僚級の交流停止、東シナ海ガス田の共同開発をめぐる条約交渉の延期、日本人学生ら1000人の上海万博招待の直前での延期…。

沖縄・尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件後の中国の対応を見るにつけ、そんな思いが沸々とわいてきた。
以上、抜粋、転載⇒全文


【釈放】http://www.nikaidou.com/archives/5961
nikaidou.com


緊急国民運動!日本の平和安全を守る!緊急国民運動!
地上波のテレビ番組しか知らない方に、チャンネル桜を周知して行こう〜♪☆。・:*:♪★,。☆
◆チャンネル桜公式HPはココをクリック⇒http://www.ch-sakura.jp/
┏⇒チャンネル桜イベント
≪最新情報チェック≫
┗⇒桜youtube公式サイト


続きを読む >>

緊急拡散《尖閣を如何にして守るか、日本の世論の動向を見ている中国人民解放軍!》転載!水間条項―国益最前線より転載!尖閣を守る為、自衛隊の増強、尖閣諸島の基地化推進の要請を!!


プロフィール〜日本を守りたいブログ⇒リンク!

渡部昇一先生も絶賛!『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』

尖閣を守る為自衛隊の増強、尖閣諸島の基地化推進要請を!
緊急拡散《尖閣を如何にして守るか、日本の世論の動向を見ている中国人民解放軍!》水間条項―国益最前線より転載!

≪↓ココから本文転載↓≫

●尖閣を日本人が自ら守らなければ、日米安全保障条約も機能しないことを自覚しなくてはいけません。

中国をここまでつけあがらせた一番の原因は、政治家に責任があることは明らかです。しかし、それらだらしない政治家を許して来たのは国民です。

その構図は、現在、なにも変わっておりません。

小生が「中国人の狡猾さ!」を教わったのは、「天安門大虐殺」から日本に退避してきた多数の中国人からでした。彼らは、中国の民主化を心から望んでいました。

日本政府は、中国から歴史認識を持ち出されると「土下座」を繰り返し、尖閣海域を侵犯されても甘い対応に終始するだけでなく、「泥棒に追い銭」の如くODAを手当てして中国のご機嫌を伺っていたことが、中国をここまで増長させた原因です。

それに関しては、自民党国会議員の責任は重い。
菅首相再任記者会見の質疑応答で、売国メディアの『JapanTimes』の記者が、「中国に強硬姿勢の前原外務大臣で日中友好を計れるか!」かなどのトンチンカンな質問をしていたが、「強硬姿勢」をとることで友好が計れることは、友人の中国人達が繰り返し言っていたことなのです。

まさに『JapanTimes』の記者が心配していたことは、中国政府が心配していることと捉えると分かりやすいでしょう。

そして、一言付け加えておくと、小生が発掘したGHQが占領下に実施していたNHKの洗脳放送「真相箱」の放送用台本は、コズモ出版社から出版されていた『真相箱』だったのですが、それを発掘したとき国立国会図書館にもNHK放送研究所にも、同書は所蔵されておりませんでした。

その事実を明らかにしたのは、2002年4月号『正論』の「NHKラジオ『真相箱」に洗脳された戦後」の中ですが、その放送用台本の作成に加担した日本のメディアは、朝日新聞と「ニッポンタイムス」です。「ニッポンタイムス」は、現JapanTimesの前身なのですが、その事実を以てすれば「売国メディア」の称号がピッタリなのです。

因みに『真相箱』は、小生が企画して小学館文庫より、櫻井よしこ氏が解説して『GHQ作成の情報操作書「真相箱』の呪縛を解く』とのタイトルで、2002年8月に完全復刻版として出版されています。

そのJapanTimesが、前原外務大臣では日中友好を計れるかと苦言を呈したことは、日本の国益には前原外務大臣が相応しいと言っていることと同義語なのです。

中国との情報戦の最前線に身をおくものとして、遠慮なく言わせていただくが、だらしない自民党国会議員を野放しにし甘やかして来たのは、なりすまし保守言論人と、それらの提灯を持つことが保守活動と錯覚し、自己満足している国民にも責任の一端はあります。

なりすまし保守言論人の中には、現在も代々木と繋がっているものもおり、著名な保守言論人の周辺には中国の工作員がうようよいます。また、それを見抜けないようなものは、保守言論人の資格はありません。

中国出身で言論活動をしている方で、真に中国に「痛い!」言論を張っているのは『中国人民解放軍の正体』を上梓した鳴霞氏一人と言っても過言ではないのです。鳴霞氏は24時間、日本の公安警察から保護されている状況にあり、パソコンを全世界の数千人の中国人から集中的に攻撃され破壊されたこともありました。

現在、真に中国と現実的に闘っている保守言論人は極少数です。また、日本の国難を国民に知らしめるには、西尾幹二先生曰わく「真の言論人とは講演料を50万円以上貰ってはいけない!」との見解は、非常に説得力があります。それは、50万円以上になると言論が商売になってしまい、啓蒙活動でなくなってしまうとの危惧からのようでした。
この緊迫した尖閣問題は、在日本:中国大使館公安部員や中国人民解放軍情報部が、しゃかりきになって情報を収集している状況ですが、日本政府及び前原外務大臣の動向如何によっては、一気呵成に尖閣諸島に上陸する可能性があります。

現在、中国政府は尖閣領有を正当化するため、世界中の日本大使館や領事館にデモンストレーションを仕掛けていますが、それを逆手にとって宣伝できる強力な武器は、前原外務大臣が「中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりしたビデオの公開を考えている」と、示唆した通りに実施していただくことなのです。それが出来れば、凶悪な共産主義国家の危険な実態が一目瞭然になります。

その為には、国内外の覚醒しているインターネットユーザーの皆様が一丸となって、前原外務大臣に要請する必要があります。

こと領土問題は、国家主権の根本ですので、いままで要請をしたことのない方々も参加していただく必要があります。

◆前原外務大臣:
http://www.maehara21.com/index.php
メールフォーム:
http://www.maehara21.com/form/index.php
info@maehara21.com

この緊迫した尖閣問題をマスメディアで唯一詳細に報道しているのは、産経新聞だけですが、産経新聞の購読者数の動向調査も中国情報部が目を光らしてますので、日本人の断固とした意志を見せつける為にも産経新聞の購読をお願いいたします。

また、中国が嫌がっている新聞に『国民新聞』がありますが、インターネットユーザーの皆様には殆ど認知されておりません。

国民新聞は、明治時代に徳富蘇峰が創刊した新聞で、1970年代に「日本解放工作書」をスクープしたことでも有名ですが、真正保守言論の中心的新聞でもあります。

今回の尖閣の危機に際し、一人でも多くの国民が覚醒できるのであればと、購読希望者に国民新聞(月刊)の見本版を無料で配布していただけることになりました。

この危機に際し、購読希望者には、年間購読料1万円(送料・税込み)のところを5千円にして頂けるようですので、ご希望の方は下記へお申込みください。

【国民新聞】
〒160−0023
東京都新宿区新宿4−32−4−1105

TEL:03−3311−1001

FAX:03−3313−9800

http://www.Kokuminshimbun.com/index.html
――――――――――
また、中国国内政治・軍事情報をどこよりも早く、編集主幹・鳴霞氏が編集している『月刊中国』は、中国情報部が嫌がっている情報誌ですので購読をお薦めします。

【月刊中国】
〒673−1334

兵庫県加東郡東条町吉井493−1

発行人・木下清美

年間購読料 5千円(毎月1日発行)

郵便振替:00930−2−69515

TEL&FAX:0795−46−1880

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ここは、沖縄の米軍と緊密な連携をして、自衛隊の増強及び尖閣諸島の基地化を推進することを、一気呵成に
前原外務大臣と北澤防衛大臣に要請をお願いします。
◆前原外務大臣:
http://www.maehara21.com/index.php

メールフォーム:
http://www.maehara21.com/form/index.php
info@maehara21.com

◆北澤防衛大臣
http://kitazawa.tsukaeru.info/
メールフォーム:
http://kitazawa.tsukaeru.info/page/iken.htm
t-kitazawa@beach.ocn.ne.jp

尖閣問題は、沖縄返還のとき佐藤栄作首相が、「尖閣海域の海底石油は日本単独で開発すると米国に断言した」ボタンの掛け違いがあったのであり、現在、中国が核武装から空母機動艦隊を整備している状況で、尖閣領有を確実にするための方策は、海底石油開発を日米合同でする以外に選択肢はないのです。

今回の菅執行部の布陣は、小沢一郎を一気に国家権力で潰しにかかっていることが明らかであり、菅執行部が小沢グループを切り崩すことができなければ、限りなく分裂の政局へ突き進むことになるでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■今回、中国が国をあげて大騒ぎしていますので、尖閣問題も臨時国会に地図を持ち込み、野党の議員に質問してもらいます。

中国社会科学院の歩平所長は分かっていることと思っていますが。このまま大嘘を繰り返すと、「詐欺大国」の汚名が世界中に喧伝されることになるが、覚悟はできているのでしょうね。

■覚醒されていらっしゃる皆様、第11管区海上保安庁への激励メールと総理官邸に抗議のメールを宜しくお願いいたします。

第11管区海上保安庁:
http://www.kaiho.mlit.go.jp/11kanku/
メールアドレス:kouhou-11@kaiho.mlit.go.jp

首相官邸:
http://www.kantei.go.jp/
ご意見:https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

◆覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様、
「中国人銅像寄贈問題」の白紙撤回を求めて、奈良県に要請をしましょう。

■奈良県への意見は、平城遷都1300年記念事業推進局に、FAXかメールで要請しましょう。
http://www3.pref.nara.jp/hodo/dd.aspx?menuid=12126
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-6354.htm

お問い合わせ広報広聴課
報道係 TEL:0742-27-8325
広報紙係・放送制作係
TEL:0742-27-8326

県民相談広聴係
TEL:0742-27-8327

相談ならダイヤル
TEL:0742-27-1100

奈良県HP:
http://www.pref.nara.jp/

総務部秘書課:
hisyo@office.pref.nara.lg.jp

ご意見・ご提案フォーム:
http://www.pref.nara.jp/kensei/f_input.htm

★民主党政権下で、せめて覚醒している国民がしっかり一致団結して意思表示をしなくては、日本を守ることはできないでしょう。

それらに対抗する「旗」に、
『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を利用していただけることを願う次第です。

★数百万人の反対署名より効果的な答弁を引き出して戴けるように、質問資料を準備しますので、皆様方に於かれましては、一人でも多くの友人に同資料本の存在を、口コミ(メール)で広げて戴けたら幸いです。

≪…↑ココまで転載↑…≫

以上、水間条項―国益最前線より転載!


続きを読む >>

アメリカから日本へ警鐘!日本の危機!緊急です!緊急に尖閣諸島の基地化推進のお願いをしましょう!●保守のネットユーザーの皆さん水間条項さんの指示に結集する必要があります。◆WE LOVE JAPAN !◆様より転載!


プロフィール〜日本を守りたいブログ⇒リンク!

渡部昇一先生も絶賛!『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』

尖閣領有は ● 日本存立の試金石
今、私たち日本国民にできる事は何か!?

◆尖閣問題:保守のネットユーザーの皆さん水間条項さんの指示に結集する必要があります。◆WE LOVE JAPAN !◆様ブログより転載!

≪↓ココから転載↓≫

”頑張れ!日本人 騙されない為の「真実を見抜く目」を!

水間条項さん:緊急拡散《尖閣領有は日本存立の試金石:新外務大臣が尖閣問題の中国への意思表示になる!》参照を!
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-138.html

今一番何をしなくてはいけないかと言えば色んな問題がある中で尖閣問題かもしれません。

資源が見つかったと同時に中国が虎視眈々と狙いを定めて歩み寄ってきていたようですが、相変わらずの日本側政府の情けないハニートラップや利権など、その都度その甘い誘惑に誘われて彼らに譲歩をしてきたつけが一機に此処に来て雪崩のように日本に押し寄せてきました。

ここで食い止める事が出来なければ、日本全体があの集り国家にまんまと乗っ取られてしまいます。

今ここで何をしなくてはならないかをよく考えて行動する事が大切だと思います。

水間条項さんのこの言葉をしっかりと受け止めて即、緊急に要請をお願いします。

沖縄の米軍と緊密な連携をして、自衛隊の増強及び尖閣諸島の基地化を推進することを、一気呵成に前原外務大臣と北澤防衛大臣に要請をお願いします。(水間条項さんより抜粋)

最近、アメリカのティーパーティーがどんどん力をつけています。これはどうも白人至上主義のような趣きもあるようで、くすぶっている人種差別がふつふつとなりつつあります。

不景気が続くと移民はより嫌われる傾向にあり、アジア人排除の動きにならないとも限りません。

マンハッタンの中国人グループが違法行為で捕まったニュースを昨日流していましたが、アメリカ人にとって中国人も日本人もそれほど区別が付くわけではありません。

ここの環境が悪くなったら帰る国はたった一つ、日本しかありません。

どんな事があっても自分の国だけはしっかりしていて貰わないと困ります。

日本在住の皆様は危機回避の方法を熟知している水間条項さんの指示に団結する必要があると思います。

ニュースを拾って、単なる批判を繰り広げていてもどんどん状況は悪化するばかり、そのニュースも本当なのか、もっとその裏に何か隠されている内容もあるかもしれません。

ニュース批判ブログが何故か人気があるようですが、批判だけしていても何も解決しない事を理解して欲しいものです。

先ずは、要請をお願いしましょう。アドレスは水間条項さんに載っています。

☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆

◆日本の危機です!緊急に尖閣諸島の基地化推進のお願いをしましょう!”頑張れ!日本人 騙されない為の「真実を見抜く目」を!

日本の危機です!緊急です!

、沖縄の米軍と緊密な連携をして、自衛隊の増強及び尖閣諸島の基地化を推進することを、一気呵成に前原外務大臣と北澤防衛大臣に要請をお願いします。(水間条項さんより抜粋)

出来るだけ尖閣諸島の警備をしっかりして頂く為に基地の推進など出来るだけ緊急に米軍との連携を図りながらの行動を起こして頂くように要請をしましょう。

水間条項さんにアドレスが載っていますので、出来るだけこの土日、時間の空いた時間に要請をお願いします。

現政権の批判ばかりして一喜一憂していても何も始まりません。

緊急を要します。

中国に飲み込まれない為に、少しでも可能性のある行動をお願いします。

☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆

★水間さんが仰るように、今こんな政情不安極まりない状況下に「旗」として、是非
『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』をより大勢の人読んで頂き、それを又クチコミで広げて行き、一人でも早く洗脳を解いてあげるようにしたいものです。

愛国心を育てよう!
日本人としての威信を!などという言葉のあやふやなものでは、彼らのような強引な剥き出しの強かさに脆くも崩れてしまうでしょう。

本当の歴史を資料本『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を通して心から感じる必要があります。

そこから、自然に愛国心が芽生えてくるものです。

◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆

水間条項さんのSAPIO記事で、今こそ中国人の強かさを知らせよう!

水間条項さんの「SAPIO」の記事を読むように、奈良県の平城遷都1300年記念事業推進局に「中国人銅像建立白紙撤回」の要請の時にお願いしてみてはどうでしょう!

◆奈良県の平城遷都1300年記念事業推進局に「中国人銅像建立白紙撤回」の要請をする時に、水間条項さんのGooブログに掲載されている、「SAPIO」の記事を読んで頂き、これでも日中友好などと甘く捉えていて良いものか、とお願いしてみたら如何でしょうか。
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou

是非、読んで頂きたいものです。

◆抜粋◆

●昨年12月の「日中歴史共同研究」の発足を受けてのことだと考えられる。最近では中国の学者が「30万〜40万人説」に疑義を呈し始めた(『産経新聞』2月1日付)。しかし、これはなにも中国が「南京大虐殺」の看板を下ろそうとしているわけでは決してない。

数にこだわらないかわりに「南京大虐殺」だけは規定事実にするという戦略転換をしたと見るべきなのである。そして「日中歴史共同研究」で、日本側に「南京大虐殺」は歴史の事実だったと認めさせ、南京虐殺記念館の「ユネスコ世界文化遺産登録」を目的にしているのだ。

さらにその先には、「歴史の事実」である「南京大虐殺」について謝罪しない日本は「常任理事国」になる資格がないと外交カードにする目論見がある。

● 修学旅行で中国に行き、反日記念館を巡り、謝罪外交ならぬ「謝罪修学旅行」が日本の高校などで行われていることが以前から問題視されてきた。これらの「成果」は、世界の反日包囲網の主戦場であるネット世界で強力な“反日ネット戦士”の誕生として現れるであろう。
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/891e1f4e08ee491eea3017a619a9bc50

●中韓は、戦略転換を行なったと見るべきだ。つまり日本への正規の外交ルートを使った直接的な抗議・圧力とか、市民によるデモなどの「日本に対する直接行動」を放棄する一方で、ハリウッドで映画を制作したり、ネットで宣伝戦を展開するなどして、欧米人に対して日本人の非道ぶりをアピールする戦略を強化しているように見える。

とりわけ「南京虐殺70年」を強調し、ナチスによるユダヤ人虐殺と並ぶ人類史上の大事件へとフレームアップしようという目論みが目立つ。

知らぬ間にネット世界に張り巡らされた「反日団体の罠」の全貌を暴く。

いま世界に反日の「ABCD包囲網」がネット上で敷かれている。それはどのように張り巡らされ、「世界ネット大戦」は日本に何をもたらすのか?
“反日バスターズ”の第一人者がその全貌に迫る!〉http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/91fc90ba8074d6ec2153c3567ef09b62

抜粋終わり〜

◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆

水間条項さんのブログに「SAPIO」の記事が更新される度に、底知れないじわじわと迫ってくるような中国の強かさを感じたものでした。
日本人とは到底相容れない民族だと思います。

是非、まだ読んでない方、水間条項さんのGooブログの記事も読んでください。

奈良のこの事業の担当者に読んで貰うように要請の時にお願いしましょう。

メールアドレス等はトップの水間条項さんへお願いします。

◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆

@@@以下の抜粋の水間条項さんのお言葉に注意です!。国会答弁の資料を作成中のようです。それまでに、この資料本を国民的な盛り上がりに持って行くことによって、民主党をより追い込む事も可能になります。

★民主党政権下で、せめて覚醒している国民がしっかり一致団結して意思表示をしなくては、日本を守ることはできないでしょう。

それらに対抗する「旗」に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を利用していただけることを願う次第です。

★数百万人の反対署名より効果的な答弁を引き出して戴けるように、質問資料を準備しますので、皆様方に於かれましては、一人でも多くの友人に同資料本の存在を、口コミ(メール)で広げて戴けたら幸いです。

〜〜〜

★渡部昇一先生のお言葉(「正論」10月号)を言い換えればー

「保守(議員、言論人、一般)の人は『朝日新聞の報道した「日韓併合」の真実』を全員読まなければなりません。この本を読んで周知拡散しない人は保守と呼ぶ資格はありません。」という感じになると思います。

資料本をどんどん有効活用して日本人の誇りを保つ為に拡散宣伝する行動は、普通の人よりも早く気づいた保守の人しか出来ない事です。

他の護国活動と一緒に此方にも力を入れていきましょう。

こんな鬱憤のたまるような状況下に、出来るだけ早く一人でも多く覚醒させる事、それが活気ある日本に生まれ変わっていく事に繋がります。

渡部昇一先生も絶賛!『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』の動画を拡散しましょう!

(動画制作者のytvidscollection さんに感謝しています。)

≪…↑ココまで転載↑…≫

以上、◆WE LOVE JAPAN !◆様より、転載!



批判だけでは、何の解決も、反日を打倒する事もできません!と、私も反省、確認し、再出発します!現政権に対しては、何を、どう書くにも、批判になるかもしれない…
歴史捏造の人事!国家公安委員長の岡崎トミ子は許してはならない!!

■民主党の、甘い外交を狙い、厳然として中国が、日中友好を看板に、日本の資源を買い漁り、不動産を買い、国債を買い増し、と、日本が中国政府に知らず知らずに属国化しています。

日中友好をお題目のように唱え、中国絶対主義とする政治家!それを支援するマスメディア、情報を確認もしないで信じている企業幹部!

それら、目を覚まさせるのに今、一番必要なものは渡部昇一先生も絶賛!『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』です!


【加瀬英明&石平】中華思想の誤解が日本を亡ぼす[桜H22/9/16]

≪≪日中友好が日本をこわす!≫≫

一万人規模の中国人観光客!宣伝すればするほど醜い!!


国思うブログに対し批判をする事は、反日と同様です!!


続きを読む >>

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 【何もならないスパイ防止】何のための配慮か!中国への一斉送還中止とは?
    世界を越えて南北朝鮮中華を殴ろうの会 (12/09)
  • 【成立】特定秘密保護法案
    安倍=キュゥべえ (12/07)
  • 国防の最後の砦!【西村眞悟先生を守りぬけ】西村眞悟先生を辞めさせるような国家に、日本再生は望めない!※コメント欄解放しました。
    管理人 (05/21)
  • 国防の最後の砦!【西村眞悟先生を守りぬけ】西村眞悟先生を辞めさせるような国家に、日本再生は望めない!※コメント欄解放しました。
    維新は韓国の手先 (05/18)
  • 【戦後体制の極めつけ!尖閣諸島を日本の領土と言えない反日中国人と竹島を日本の領土と言えない反日韓国人留学生受け入れ!】■送り出す国の政府が、日本の領土を【日本の領土と認めない限り】断じて受け入れはできないはずである!
    名無し (01/12)
  • 【破防法以上の国家破壊】オウム以上に悪質な全国キリスト教連絡協議会に破防法の適用を!!!!!
    目覚まし時計 (06/13)
  • 【311】自然エネルギーの異常が予測できなかった大津波と大地震。自然エネルギーを歓迎推進している異邦人の利権集団は、311の自然の脅威を未だに知らない。
    (06/23)
  • 小沢一郎の韓国での「不敬発言」「日本人国民侮辱発言」小沢一郎は日本国民をどれ程、見下し、侮辱しているか!!!
    岡山県民 (04/13)
  • 【草莽崛起】12.1 国会・首相官邸包囲&倒閣宣言!国民行動!民主党内閣倒閣宣言!民主党解体!【不敬!中井】辞職ではすまない!日本国民は中井を許さない!
    日記で日本を守りたい! (12/04)
  • 【草莽崛起】12.1 国会・首相官邸包囲&倒閣宣言!国民行動!民主党内閣倒閣宣言!民主党解体!【不敬!中井】辞職ではすまない!日本国民は中井を許さない!
    民主党駄目駄目 (12/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM